家賃保証システムの利用とリスク

家賃保証システムは、一括借り上げシステムやサブリース契約などと呼ばれる不動産投資を行っているオーナーさん向けの契約の種類です。

契約者であるオーナーと不動産管理会社や保証会社が家賃保証契約を結び、オーナーが所有している賃貸不動産を保証会社が借上げるシステムのなかで、その物件の部屋が空室になった場合でも決められた家賃が支払われるというシステムです。賃貸不動産を経営するオーナーには常に空室リスクが発生し、空室になってしまうと収支に大きな影響を及ぼすため、家賃保証システムで空室リスクを回避することができるシステムです。

家賃保証システムでは保証会社に、家賃の10%から20%程度の保証料を支払う必要がありますが、収入がゼロとなるよりも少しの手数料でリスクを回避できることの方がメリットが大きいとして利用するオーナーが増えてきています。

しかしながら家賃保証システムを利用することで空室リスクをすべて回避できるものではなく、ある一定の効果があるということを覚えておく必要があります。

当然ですがこのシステムを利用するリスクというものもあります。


第一に大きなリスクとして保証会社の信用リスクです。
家賃保証を行う会社の経営状態がしっかりしており倒産の危機がなければいいですが、もし経営状態が悪く倒産してしまった場合には家賃保証がされなくなるばかりでなく、不動産管理業務の一切がオーナーのもとに返されることになるので、オーナーはもちろん入居者にとってもさまざまなデメリットが発生する恐れがあります。

保証会社を決定する場合には経営状態をよく把握し選びリスクを回避する必要があります。

また、家賃の減額リスクというものも発生する恐れがあります。

家賃保証システムでは、契約期間中家賃を支払うという契約ですので、決められた家賃を支払い続けるものではなく、保証会社から家賃の減額を請求されるケースもあります。


当初予定していた金額よりも減額された家賃になる可能性もあり、計画が狂ってしまう可能性もあります。


事前にきちんと家賃の金額について話し合っておく必要があります。

家賃保証システムは万能なシステムのように感じられますが、さまざまなリスクが内包されていますので、良く調べてから利用するかどうかの検討を行うべきです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E9%91%91%E5%AE%9A%E5%A3%AB
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bt_000246.html
http://jshhd.jp/












Copyright (C) 2014 家賃保証システムの利用とリスク All Rights Reserved.